Kashima Kaminomichi
二つ
  鹿島神宮の女性神職「物忌」が家族と別れをした阿津神社。

戦国時代の鹿島家の内乱で討死した鹿島義幹の墓
奈良時代に大伽藍をもつ神宮寺、今は雑草の中
 12月25日(日)、小寒いながらも快晴、75名の参加者を得て、「まぼろしの里」を歩きました。今はまぼろしとなった鹿島神宮寺跡周辺の冬枯れの景色と歴史ロマンを楽しみながら、大満足の今年最後のツアーでした。ところで、嬉しいニュースです。鹿嶋神の道は今年度の国土交通大臣表彰「手づくり郷土賞」を受賞することが決まりました。来年もご支援、よろしくお願いします。
今は幻となった伝説の寺後沢池じごじゃいけ)も雑木林の中。
神宮寺跡近くの九反田池は山古志村寄贈のコイが泳ぐ。
船の航海の目印になった松の巨木伝説をもつ権現神社。

日本武尊命が東征の折、戦勝祈願した鷲(わし)神社。

西谷遊歩道からの坂は息が切れる。
案内板 道しるべ
 市民がつくる本格的なウォーキングコース「鹿嶋神の道」がオープンしました。このコースは鹿嶋市民はもとより、国内外からもウォーキング愛好者を呼び込む意欲的なコースづくりを目指したものです。
 「新日本歩く道紀行100選シリーズ:文化の道」に認定された「鹿嶋神の道」は、鹿島神宮を中心とする歴史と伝統ある文化財、そして森と湖を有する自然豊かな鹿嶋市の景観を巡るもので、古代から息づく日本人の心のふるさとを体験できるでしょう。
 コースの案内役は、神の道のシンボルといえる鳥居をデザインした4カ国語の案内板と破魔矢をデザインした道しるべが行います。 また、鹿島神宮では年間を通じて多くの祭事が執りおこなわれます。祭事に合わせてウォーキングを楽しむのもお勧めです。
 楽しく歩いて、鹿嶋の魅力を満喫してください。皆さまのお越しをお待ちしております。

鹿嶋神の道の見どころには、日本語、英語、中国語、韓国語の4カ国語で書かれた鳥居型もしくは寺社型の案内板が理解を助けます。
コースの途中、角々には、日本語と英語で書かれた破魔矢型の道しるべが行く先をご案内します。


チャレンジショップ
鹿嶋人ギャラリー
鹿嶋神の道
運営事務局
・「鹿嶋神の道」の運営は、「鹿嶋神の道運営委員会」(鹿嶋人ギャラリー内)が行っています。
・まちの活性化ならびに鹿嶋の歴史ある文化財と恵まれた自然を大切にし、次の世代に引き継ぐことを目的にしています。

 店舗は鹿島神宮参道にあり、観光客との交流の場です。
鹿嶋人ギャラリー内に運営事務局を置いています。

第86回鹿嶋再発見まち歩きツアー (コース名:鉄づくりの里)
吉祥院の茅葺山門
 
・日  時:2018年1月21日(土) 10:00〜12:00、受付開始:9:30
      (少雨決行、雨天中止)
・集合場所:高松公民館駐車場
・コース :比屋久内遺跡、清光寺、吉祥院、佐田野弁天など、約6q
・参加費 :500円(お買物券付)
    ※動きやすい服装で、各自お飲物は用意してお越しください。
・参加申込:1月18日(水)〆切
・申込方法:@氏名、A年令、B連絡先住所、C電話番号を、ハガキ、Fax
      電話のいずれかで、下記宛て申し込み

・申込み先:314-0012 鹿嶋市宮中1-4-25
       鹿嶋神の道運営事務局

第87回鹿嶋再発見まち歩きツアー (コース名:鹿島の七不思議)
 
潮社(いたのやしろ)
・日  時:2018年2月26日(日) 10:00〜12:00、受付開始:9:30
      (少雨決行、雨天中止)
・集合場所:まちづくり市民センター 玄関前ロータリー
・コース :潮社、高天原の鬼塚、末無川、海賢寺など、約6q
・参加費 :500円(お買物券付)
    ※動きやすい服装で、各自お飲物は用意してお越しください。
・参加申込:2月24日(金)〆切
・申込方法:@氏名、A年令、B連絡先住所、C電話番号を、ハガキ、Fax
      電話のいずれかで、下記宛て申し込み

・申込み先:314-0012 鹿嶋市宮中1-4-25
       鹿嶋神の道運営事務局

 
第2回鹿嶋神の道フォトコンテストの優秀作品 H28年11月11日〜23日開催のフォトコンテストにご参加いただき深く感謝申し上げます。
 展示作品44点の中から、鹿嶋人ギャラリー来店者による投票の結果、優秀作品5点が選ばれました。

     護国院の桜

  三社詣り古道沿いに咲く藤

 


 山之上の道沿いに咲くヤマユリ

  無農薬のコメ作り、谷津田の秋

  鹿島神宮御手洗池の紅葉
ご協力ありがとうございました。

平成28年度年間計画



           

        

●2016.5.21:第3回鹿嶋神の道フェスタ
出発地点の豊郷公民館 ルート2オープンの
テープカット
谷津田の里山風景 坂戸神社

古道沿いの黒松栽培地 沼尾神社 蘇った散策路 塩釜神社
鹿島ハイツで昼食休憩 塚原古墳群の散策路 金砂神社 梅林の道
竹林と椿林を隔てる切通し 塚原卜伝の墓 長吉寺 水神社
2016.4.2:第2回桜ウォーク鹿嶋神の道
卜伝にぎわい広場集合 鹿島神宮の樹叢 清真学園前の桜、まだ蕾 三社詣りの切通しの道


谷津田の古道 坂戸神社 水神川の桜、まだ2分咲き
夫婦塚はハナズオウ満開
宮中野古墳群の森の中 一之鳥居前の桜、まだ蕾 城山公園の桜、2分咲き 護国院の桜、5分咲き
2016.2.28:ミニ鹿嶋神の道
三社詣りの古道入口 落ち葉を踏んで歩く古道 山之上の谷津田の古道 坂戸神社
西福寺の十一面観音堂 猿田の熊野神社 田谷沼の谷津田を歩く 傾斜林の小道
ホタルの里への道1 ホタルの里への道2 ホタルの里は無農薬の水田 ホタルの里の棚田を歩く
2015.10.25:鹿嶋神の道ショートコース(オープン)
鹿島神宮の御手洗池 鶴に乗った神職伝説の千年塚 稲荷大明神を祀る稲荷塚古墳 幕末の水戸藩士、天狗党の墓
北浦は空も湖面も爽やかな青 鎌足神社 鹿島城址への坂 護国院の大師堂
2015.4.5:第1回桜ウォーク鹿嶋神の道
霧雨の中、スタート 清真学園前の桜並木 谷津田はまだ冬枯れ 坂戸神社
水神川の桜並木 休憩の場所、豊郷公民館も桜 夫婦塚古墳 霧雨に煙る北浦湖畔
一之鳥居も桜の彩り 根本寺の境内も風情がある 鹿島城址の桜は鹿嶋一番 護国院も桜の見ごろ
2015.5.24:第2回鹿嶋神の道フェスタ
まずは鹿島神宮の大鳥居 三社詣りの古道、切通し 田植え後の谷津田1 田植え後の谷津田2
坂戸神社手前のお地蔵様 坂戸神社 竹林の小道 休豊郷公民館の軽食サービス
夫婦塚古墳の緑が美しい 北浦湖畔も爽やかな風が吹く 足取り軽く一之鳥居を過ぎる 豊津公民館のお茶サービス
根本寺のアジサイもまだ緑 鹿島城址の天守閣への道 天守閣から北浦を見下ろす 護国院の護摩堂
<C>
<C> <C align="center"> <C align="center"> <C align="center"> <C align="center"> <C> <C> <C> <C align="center">
2014.5.25:第1回鹿嶋神の道フェスタオープニングセレモニー
 鹿嶋神の道代表の挨拶 卜伝にぎわい広場の参加者 ご当地アイドルも応援 一斉にスタート
鹿島神宮の樹叢の中を歩く 古道入口の案内板 古道の切通しを降りる 田植えの済んだ谷津田
坂戸神社を過ぎて 休憩地点の豊郷公民館 北浦湖畔を歩く 一之鳥居にて小休止

    〒314-0031
    茨城県鹿嶋市宮中1−4−25 鹿嶋人ギャラリー内  鹿嶋神の道運営委員会
          
      電話:0299-77-8878 FAX:0299-77-8878
      メール:main_info@god-road.com